CB1300SB 東北ツーリング5

喜多方から会津へ

坂内でラーメン食べてその後会津へ向かいました。

前回のツーリングで飯盛山をゆっくり見学していなかったので

今回は見学して行きたかった。

ただ時間が遅かった為、白虎隊伝承史学館は見学できませんでした。

飯盛山は会津白虎隊が自決した場所です。

19士の墓があります。自決した場所はこの右手奥に少し歩いたところにあります。

16~17歳の彼らはどんな思いだったのでしょうか?

若松城城下が燃えているのを天守閣が燃えているものと見間違い自決

これから将来がある身なのに、何とも言えない話です。

その後、国指定重要文化財「さざえ堂」を見学しました。

こんな建物観たことありませんので、是非観て見て下さい!

その後、宿に着いて居酒屋を探そうかと思ったのですが、近くにそれらしきお店が無く

ホテルの1Fレストランが夜は飲み屋風につまみとお酒があったのでそこで寛ぎました。

次の日、野口英世がよく行っていた場所が近くにあるというので探したのですが見つからず

チェックアウトの時間が迫っていたのでやむなく出発しました。

ここから大内宿へ向かいます。

向かっている途中の街道を走っていると伊佐須美神社

という看板を発見!なんか聞いたことある名前に思わず街道を右折して神社へ直行

この神社は「会津総鎮守」と言われている大きな神社です。

2008年に授与所が火事になり焼失したと言う事で仮の授与所ができていました。

どうも不審火らしいです。前回東北周った時も八戸にある蕪島神社は漏電により全焼でしたし

こういう寺社仏閣は人気が無い夜中に放火される事が多いみたいですね、燃えたら1000年の歴史が吹っ飛ぶ

ので、放火は本当に止めて欲しい事です。

こうやって、すぐ寄り道できるのもバイクだから、ソロツーリングだからできる事!

だからやめられません!!

そうこうしているうちに「大内宿」に到着

ここはとても整備された宿場町で、岐阜県の方にある馬籠宿や妻籠宿とはまた違った佇まいです。

ほぼすべてかやぶき屋根になっており、お土産屋さんや蕎麦屋さん、手焼きせんべいがあったり

名物は「ねぎソバ」高遠蕎麦といいます。

ねぎソバと言うとネギがドッサリ入った蕎麦をイメージしますが、違います。

ネギを箸代わりにして食べながらネギもかじる(笑)

辛くて美味しいのですが、蕎麦が中々ネギに乗らずイライラして

最後は箸で食べちゃいます(笑)

美味しいので1度食べてみてください。

三澤屋さんが有名です。大内宿入ってすぐ右側にあります。

私は以前食べたので今回は宿場の真ん中辺りにある喫茶店で小倉トーストを

頂きました。

このお店、以前TBSの「人生の楽園」で放送されていたので

一度寄ってみたいと思い、今回寄り道出来ました。

店の表側はお土産屋さんだったような気がします。

脇から入って行くと喫茶室になってまして、美味しいコーヒー飲めますよ!

小腹が空いた方にはちょうど良いですね。

さてこの後、那須方面に向かい塩原温泉に入り西那須野塩原から東北道に乗って

帰宅しました。

6泊7日のツーリングは走る事より観光に重点を置いたツーリングなのでゆっくりのんびり

楽しめました。

次回は太平洋側編を書きま~す。