西表島、由布島、小浜島を観光しました。2

スポンサーリンク
アドセンス1


今日は由布島について

竹富島の水牛車と並び、水牛車で渡る島です。

竹富島は街の中を走る(歩く)のに対してこちらは海を渡って行きます。

由布島は周囲2.1kmで西表島から400mしか離れていません。

その昔、台風により100人いた島民が殆ど西表島に移り住んでしまいました。

その後、ある夫婦により10年の歳月をかけて開墾し由布島植物園が開業し

今に至ります。

皆さん、この島まで渡る海では絶対に海に足を付けない様にしましょうね!

水牛は渡っている途中でオシッコ、ウ〇コします。水牛は水の中でしかしない様に躾けられてる?

ので、朝一番時は海に入ってすぐに始まります(^^;

とても大人しくてすべて自動運転だそうで、必ず右側走行するようになっています。

陸に上がると左回りをして車を止めてくれます。

また、運転手(ガイドさん)話上手で面白いです。

動画を観てください。

三線も弾いて歌も歌ってくれます。

最後にきちんと左回りして停車

賢いですね!

10分ほどで由布島に到着

その後、植物園を約1時間見学します。

中に入って先ほどの水牛の家系図を見てから見学開始です。

一番初めに水牛と写真を撮らされる(笑)

その後からフリーで島内見学開始となります。

ガジュマルの木

このガジュマルの語源とは?

絡まるからきているそうです。

中々見事な絡まり方ですね(^^;

そのまま奥の方に歩いていくと熱帯の植物が沢山あります。

そんなに広い島では無いのですぐに海に出てしまいます。

小浜島側にコーヒーが飲める所があり、煎れ立てのコーヒーが飲めますよ!

ここの左側にコーヒーショップがあります。

ゆっくり座って煎れ立てのコーヒーを飲むのも良いし、美味しいジェラートを食べるのもよし

写真の左真ん中にある島が小浜島です。

距離にして2kmです。

そんな感じであっという間に1時間が過ぎ、また水牛車に乗って

西表島に帰ります。

また観光バスに乗り30分程揺られて元来た港へ向かいます

今度は小浜島行きのフェリーに乗りま~す。(^^)/

記事本文下



スポンサーリンク
アドセンス1


アドセンス1


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする