沖縄本島から慶良間諸島にダイビング行くには!

沖縄の那覇から慶良間にダイビングに行くには
ここから船が出る事が多いです。

レンタカーを借りている人やショップが迎えに来てくれる人は問題ないですが

国際通り方面から場所が少々遠いので歩いて行くにはちょっと大変ですのでタクシーに乗って行く事が

無難ですね!

その際に運転手さんに伝える行先は「那覇ビーチサイドホテル」と伝え、そのまま真っすぐ進んでもらうと

港に着きます。

港に着いて誰もいなかったら、トイレ&休憩所の建物がありますので、そこで待っていれば良いと思います。

幾つものクルーザーとダイビングショップが乗り合わせて行きますので、乗る船を間違わない様に

確認しておきましょう。

港を出ると約1時間程走りポイントに向かいます。

その時の乗り合わせたメンバーによっては体験ダイバー中心の時もあり、ポイント的に少々不満な時もありますが

そんな時は珍しいウミウシや魚を探して楽しみましょう。

私は、地形派なのでグランドキャニオンみたいな所や、洞窟が好きです。

前回潜った時は、11月末でしたが思ったより寒く感じました。

水が冷たい(でも陸より暖かい)時は、体力が奪われますので、中に1枚インナー着て潜る様にしましょう。

ボートに付いているシャワーを温水にしてウエットの中に入れましょう。

結構温かく居られます。

4月末になると、水は冷たいですが陸は暑いくらいになってますので休憩中はウエット半分脱いでいた方が良いかも!

あと、必ず酔い止めは飲みましょう。特に船酔いしやすい人は前日のお酒は無しにして

睡眠を十分にとり、前日から酔い止めを飲む方が良いですよ!

久しぶりに行くと前の日飲んで船に乗ったら15分でダウンしている人います。

私的にはそこまで弱くないのですが、どちらかと言うと1本潜ってきて船に戻って来た時に

身体が疲れているせいか、何か気持ちわる~~ってなります。

なので、酔い止めは必須です。

1本以前撮った動画がありますので載せますね。

ウミガメと一緒に泳いでみました。

バディのインストラクターが一生懸命撮ってくれたので感謝です(^^;

これは初ウミガメだったので結構感激でした!

この後に小さいウミガメ(タイマイ)とも出会えて良かったです。

では、次回のレポートは年末、与那国島と石垣島の事を書きますので

楽しみにしていてくださ~い(^^)/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする