戦争はあり得るのか?

昨日北朝鮮がICBMを打ち上げた。
前回より数段パワーアップした弾道ミサイルだった。

今年中にアメリカ本土全てをカバーするミサイルが完成するとは到底思わなかったが、

思っていた以上に技術の進歩が凄まじいと言う事だろう。

親子三代で悲願達成ってとこでしょうか!

凄いと言えば凄いのだが、アメリカは既に50年以上前に開発を終えた兵器であり

その弾道ミサイルを打ち落とす物まで開発終わっている。

さて、話はこれで戦争は起きるのだろうか?

私の考えは、「起きる」である。

これでアメリカはもっと凄い軍事演習をするであろう。

どんどんエスカレートして収まりがつかなくなる日はそう遠くないと踏んでいる。

次回の軍事演習では米国機が北朝鮮の領空を何度も侵入すると思う。

それに対し、金正恩は太平洋にミサイルを放つだろう。

その時には、きっとアメリカ国民の感情は戦争一色になり、いつ戦争が起きてもおかしくない

状態になる。

戦争となれば、一斉攻撃でミサイル関連の施設はいち早く攻撃対象となり日本への被害は最小限

に留まるとみている。

ソウルが少し攻撃されることは否めない。

ただ、ソウルが壊滅状態に陥る事も無いだろうし、そうならない様に今何度もシュミレーションしていると思う。

問題はウサマビンラディンの時と同じように、金正恩が地下潜伏した時に果たして見つける事が可能なのだろうか?

探し出すまでには時間がかかる。

それに、問題は在日朝鮮人のテロ行動が起きないか?これが一番心配であるし、逆に朝鮮人と言う事で虐待が起きないか?

戦争だから何をしてもいいと言う事は絶対あり得ない。

どちらが先に起こるかわからないが、日本国内で争いが起こらない事を願う次第です。

私が一番懸念している事です。

私的には、戦争は起こってもしょうがないと思っています。

またそれで金一族体制が崩壊して新たな北朝鮮国家が樹立し発展を遂げれば日本にとって一番の脅威が減るのだから!

どの国も人対人ならばとても仲良くなれるのに、何故いがみ合わなきゃならないのだろう。

もっともっと交流を増やすべきだと思う。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする