バイクを乗りになったきっかけ2

友達の事故で私のバイクは無くなり、
またチャリ生活に戻った私。

高1の秋から高3の夏までほんとよく遊んだ。

中学校の時は真面目に無遅刻無欠席、テニスも頑張ってた。

卒業する頃は絶対大学行くって決めていたのに、高校入学して1年も経たずに

そんな事はまったくもって消え去った。

夜遊びしては寝坊して昼から登校を繰り返し

当然成績はガタ落ちして2年から3年に上がる時は留年スレスレまで落ちた。

高3の5月ころからディスコに行く様になり、最初は恥ずかしくて全く踊れずにいたけど

数回通ううちに慣れて真ん中でBUNPを踊るようになり、平日家で練習しては週末に踊りに行く

盛り上がって真ん中でBUNPすると、目立って楽しかったな~~

こんな事繰り返していた夏休みにやっと知り合いのバイク屋から良いバイク出たから買わないか?

と連絡が来て即座に行くと、真っ赤なソリッドカラーのCBX400Fがあった。

クラフトマンの集合管にシート張り替えてあり、1発で気に入り購入。

たしか30万だった気がする。足りない分はおかんに借りてバイトで支払い

また、毎日磨き、毎日乗って大事にして乗っていた。

これを買ったことにより、ここからディスコも行かなくなり少しだけツーリング人生が始まる。

よく言ったのが軽井沢。

月1回軽井沢にツーリング行ってた気がする。

この頃、愛読していたのが月間オートバイとモーターサイクリスト

この2冊は欠かさず買って端から端まで読み漁りしてました。

この2冊に載っていた大好きなページがツーリング日記でした。

大きなバイクで2泊3日とか4泊5日の旅行記が載っている。

この頃は当然今みたいに泊まれる所は少なく、ましてや予約の仕方もよく分からず

大人になったらCB750Fに乗って何泊もツーリング行く事を想像しながら

想像ツーリングしてました。(笑)

その夢も、高校卒業と同時に蒲田の専門学校に行き最後にツーリングに行った

彼女と同棲し日々バイトに勤しみバイクに乗る事、いや触ることも無くなり

シート被せたままの状態がずっと続いていたある日、ふと気が付くとあるはずの

バイクが無い、、、、、盗まれてる、、、、、、( ノД`)シクシク…

慌てて近くの交番に行き盗難届を出した。

その頃の蒲田は悪くて暴走族が多く通りに面していたアパートに住んで居たため

夜中に何度起こされたことか、、、、

盗難2日後にお巡りさんから連絡きて交番に行くと地図を渡されここに置いてあるから

取りに行ってと。

行ってみると鍵穴にドライバー差し込んだ跡があり少し広がっていたけど、その他に異常は無し

とりあえず問題なく乗れて帰ってこれたので良しとしよう。

この事がきっかけで、車検を待たずに売ることにしました。

仲介の売買で20万だったと思う。

この後、専門学校を卒業し子供も生まれ22歳の時にVT250を買ったが殆ど乗らず、またも置きっぱなし状態

たしか誰かにあげた気がする。

これで私のバイク人生が終了した。

つづく

記事本文下



スポンサーリンク
アドセンス1


アドセンス1


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
アドセンス1