ダイビングを始めたきっかけ2

そのままヨチヨチ歩きで海の中を進んで行くと肩まで水が来るようになり
シュノーケルからレギュレーターを咥えて潜るように指示

オオー、潜ったら水の中綺麗!!

今迄の疲れが吹っ飛ぶくらい綺麗でした。

気が付いたら4~5m潜っていてビックリでしたが、全然息苦しいとかなくて

普通に呼吸できました。

泳いで行くと岩と岩の間に大きなナポレオンフィッシュがいた~~!

そうかと思えば、海蛇がニョロニョロ泳いできたり、イソギンチャクにニモがいて

ゆっくり指を近づけると逃げずにすぐ攻撃してきました。

ニモはとても縄張り意識の強い魚で巣を荒そうとする奴には大きな相手にも立ち向かっていく

勇敢な魚です。カッケーー!(^^)!

しかし、すごい量の魚がいます。

近くでカマス?バラクーダ?がトルネードしていました。

初めて続きで超楽しくあっちこっち見渡して、ここは竜宮城か?みたいな気分でした。

海の中ってこんなに魚がいるんだ~と感激でしたね。

ここで2本潜って、私の体験ダイビングは終わったのですが、ここに潜ったから

次に来る時はライセンス取って来ようと思ったんですね。

やっぱり初めて潜る場所って、それを続けるかどうするか決めるときに大きかったと思います。

お陰様で私の趣味の一つになりました。

あ、言い忘れましたが、フィンを脱ぐのも大変です。

浅くなるとボンベの重みでバランス悪くなるし、足を上げるのが大変です。

深い所だと波があると、これまたバランス崩してたいへんですので、

胸とお腹の間位の所まで泳いで行ってそのまま仰向けに寝た状態でフィンを外して

もらい立った方が楽です。何しろ最初は自分で履いたり外したりしない方が無難です。

体力の無い女性だとこの作業で疲れて嫌になるかもしれません。

ボートだとみんな助けてくれるし、外国だとヘルパーさんが何人もいるので楽ですよ!

この体験から、正月休みはダイビング兼ねた旅行をしようと毎年計画しています。

一昨年がタイのタオ島にライセンスを取りに行ってきました。

昨年がバリのヌサペニダ島に行ってきました。

今年は与那国島と石垣島に行く計画です。

その前に今月の23日から慶良間に行ってきます。

その為に頑張って働く!!(^^)!

記事本文下



スポンサーリンク
アドセンス1


アドセンス1


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
アドセンス1