村田諒太 チャンピオンおめでとう!

今日は5月に不可解な判定で負けた村田の再戦だったので、
急いでお風呂に入って観戦の準備をした!(飲む準備ね(笑))

ボクシングは好きで、あのハングリー精神で勝ち上がっていく

昔でいうならあしたのジョー、今ならはじめの一歩ってとこでしょうか!

頑張った証がリングが証明してくれるから好きなんだ。

急いでテレビ点けたら比嘉の勝利者インタビューやってた。

ごめんね、忙しくて観れなかった( ノД`)シクシク…

そして村田の登場!

正直、リターンマッチは一度対戦して肌身で相手の事を分かっているから、

ましてや一発入ればわからないミドル級

祈りを込めてテレビに噛り付きました。

1R~2Rはエンダムが足を使ってヒット&アウェーで逃げる。

村田のパンチが当たる前にクリンチ!

おい、1Rからクリンチか~い!

3R過ぎてから足を止めて打ち合うようになった。

4Rで一発いいパンチが当たりそこからは村田がずっと優勢な試合運び

しかし、エンダムも打ち返すし倒れない!やはりチャンピオンだよ。

打たれても打ち返して行く姿勢はすごいと思う。

きっと作戦的に一発もらったら手数で圧倒してポイントを稼ごうと前回と同じ作戦だったのか?

ただ、村田のパンチが強烈だったので、予想外だったんだろうな!

村田はジャブからの右ストレート、左ボディが何度決まっていた。

エンダムは5~6Rでボコられて心折れたんだろうな~

7R観ててよく立っているなと思ってたら、7回終了後CM終わったらエンダム側から試合続行不可能

TKOで村田が勝利!きっとこれ以上パンチをもらう事は今後を考えての事だろう。

私はエンダムも好きなボクサーだ。彼もまたとても紳士なボクサーだと思う。

今回はアメリカを襲ったハリケーンのおかげでジムが閉鎖による練習不足と40度の熱を出して体調不良

のコンディションだったそうです。

でも、やはり勝負の世界は、そこに合わせられなければならないと思う。

また村田は年齢がいってるので、ラスベガスで早くビッグマッチをして大金を稼いで欲しい。

それが、日本ボクシング界の夢となり、今後の若手の頑張りに繋げて欲しいから!

インタビューでエンダムとは友達だと言ってましたが、年取ったら彼と酒を酌み交わすような親友になって欲しい。