お一人様でも楽しもう!

Just another WordPress site

甘酒の作り方 生酵素ダイエット!

calendar

スポンサーリンク

先ず用意するものは米麹ともち米!

材料はこれだけです。あると助かる物は温度計!!

私は1人なんでもち米1合と麹400gで作ってます。

先ずはもち米1合を軽く洗ってください。

次におかゆにを炊く仕様にして1晩寝かせ(8時間位もち米に水を吸わせます)

タイマー予約で朝炊きあがる、もしくは夜炊きあがるようにします。

その間に冷凍しておいた冷凍しておいた生麹を自然解凍する。

解凍しないで熱いおかゆに入れると酸っぱい甘酒になります。甘酒じゃないですね酢酒(笑)

なので、自然解凍は夏以外はもち米と一緒に用意して大丈夫です。

夜におかゆ炊く場合は用意して横に置いておいて下さい。

乾燥麹はおかゆが炊き上がる1時間前にボールに乾燥麹400gを

60度位のぬるま湯を400cc程入れてかき混ぜておく

もち米のおかゆを65度~70度の間に冷ます。

私は氷を5個位入れてかき混ぜて冷ましてます。

ちょっと今回は低めですが愛嬌の範囲なんで(^^;

この状態になったら、麹を少しずつ数回に分けて入れてかき回していきます。

麹の塊が残らない様に丁寧にかき混ぜて下さい。

 

 

かき混ぜ終わったら温度を55度~60度の範囲にします。

この状態で8時間から12時間置きます。

ジャーの温度が一定でしたらそのまま閉めても構いません。

60度以上にならない様にします。

何故か?それは糖化が止まってしまうからです。

また50度以下にしない様にします。

何故か?腐敗が始まるからです。

ですので55度~60度をキープして8時間~12時間放置します。

3~4時間毎にかき混ぜるとより良いですが、放置で大丈夫です。

ですので作る時間帯は夜か朝が良いですよ!

夜にもち米仕込んで朝にかき混ぜ作業する。仕事に行く。帰ってきたら出来上がっている。

または、朝にもち米仕込んで夜にかき混ぜ作業する。寝る。朝起きたら出来上がっている。

この2パターンが楽だと思います。

こんな感じで食べる甘酒の完成です。(私のジャーは3合炊きなのでさし水出来ず堅作りです)

なので、食べる甘酒としてもOKです。

朝食べて出かけたら調子絶対上がりますよ~!

この状態での保存は冷蔵庫に入れて1週間です。

日持ちするようにしたければ、80度以上の熱を加え殺菌します。

日持ちはしますが、生麹ではなくなります。

私的には熱を加えず冷蔵庫に保管して1週間以内に食べきる事をお勧めします。

こう書いたからって、出しっぱなしにしていたら1週間何て持ちませんし

酸っぱくなったら食べるの止めてくださいね!(責任取れませんので~)

私はこの後、ジューサーにかけます。

これで毎回スムージの様にして飲むことが出来ます。

ちょっとひと手間惜しまずやってみてくださいね!

手間かけた分、必ず自分に返ってきますから!(^^)!

人にもよりますし、これだけのせいではないと思いますが、

私の体の調子が良くなった事の1つですが、以前は血圧が150位ありました。

現在は125~135の範囲に収まっています。

もちろん、飲みすぎたりストレスかかっていたりすると140台まで上がりますが

それ以上になる事は無くなりました。

以前は160台超える事もありましたが、今は140台超える事はありません。

ちゃんとした生活していると120台の血圧ですので体が楽です。

朝起きた時に調子わかりますよ~!

 

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

folder サイクリング

more...

folder 株、先物、投資

more...